柿収穫竿 はさみご & 布袋

このページ15/11/23 更新

 柿の収穫用具です。 里山の風物詩に相応しいものでした。愛媛県の方から、「はさみご」との呼び方を知りました。末尾の「ご」は、はしごに対応しているかも、との見方を添えて。最近は高枝切り鋏を使っています。

作り方 真竹の上端に、なたで割れ目を入れ、竹の小枝を挟んで開き、針金できつく固定します。上端は、枝が入りやすいように、削って口を広くしておきます(@〜B)。

使い方 写真左と中の説明文のとおりです。

長所 結果的に、衰弱した結果枝を折り取るので、剪定を同時に行っていることになります。高枝切り鋏は、表裏を間違えると果実が落下するので、気を遣います。その点、楽に作業できるので、助かります。

短所 太い結果枝は、苦手です。

太い結果枝専用に布袋 子供の虫取り網の形を応用。直径4mmほどの針金をこけし型に曲げて、頭部分の輪を直径10cmほどにし、布袋に通してから、真竹の先に結わえつけます(C)。高枝切り鋏では無理な太い結果枝には便利です。細い結果枝では、果実が逃げます。

 

@果実の手前で
結果枝を持ち上
げる
ように挟む
A竹の小枝を挟んだ上端。ひねると、結果
枝が折れ、竿の先に果実が着いてくる。
ポキッと折り取れたときの感触が楽しい。
B竿先までは距離があって見づらいので、
削って広くしてある上端
C太い結果枝用には竿先に布袋を付けて。色鋼線の手前は折り返し、下の節まで針金で引っ張ってある。

竹竿の入手方法

真竹の竹竿入手が、都会では困難になっています。しかし・・・
 商店街では年末に、門松に細く長い竹を添えて飾る所が多いです。この竹が、もらえて使いやすいのです。
 たいてい、とび職の人が設置・撤去を請け負っています。
 商店で、どこに頼んでいるかを尋ねます。知らないと言われたら、商店会の役員を教えてもらって尋ねます。
 請負人に電話して約束し、1月6日夜にもらいに行きます。
枝葉は、格好の霜よけになります。


有機自給園の目次へ戻る