11月の自給園  Indexへ戻る     有機自給園の目次へ    10月の自給園へ    12月の自給園へ                   最終更新16/05/11   

 収穫の終わった畑は、次々と堆肥を施して耕し、播種又は植付けをすることにより、冬に空地を作らないようにします。落ち葉の季節となり、落ち葉集めに忙しくなります。ひまがないときは、堆肥作りは後に回すとしても、落ち葉集めだけは、優先して続けます。

初霜日 1976.10.30/77.11.23微/78.11.4微/79.11.16/80.11.1強/81.11.10氷も/82.11.25弱→26氷/83.10.31微、11.4/84.10.31中/85.11.13/86.10.21/87.11.16/88.10.31微/89.11.20/90.11.10微→24/92.11.22/
2002.11.3/05.11.23/06.11.13微/07.11.18/08.11.20/2010.12.11微/2011.11.22/2012.11.15/2013.11.14微→22中/2014.11.14中/2015.11.28中/

  野菜 果樹 観賞用等
上旬 播種 ほうれんそう、サラダ菜、 小松菜、高菜、からし菜、 ラディッシュ、小蕪、小麦
定植 高菜、なたね、極早生たまねぎ、赤たまねぎ※1、いちご、キャベツ
土寄せ 葱(葉葱も合わせ目まで)、 キャベツ類
支柱立て 子持ちかんらん
防除 ネキリムシ(下旬まで)、ヨトウムシ

収穫
なす(月初処分)、トマト、ピーマン類、にら、小松菜、春菊、ルッコラ、間引き大根、(以下は中旬まで)さつまいも、落花生(すぐ洗う)、しょうが
収穫開始 里芋類(ずいき処理日分散)

収穫 柿(富有は月内、実生、倉方、甲州、蜂屋熟柿)

更新剪定・収穫追熟 キウイ 黄肉系開始、赤肉系

植え付け チューリップ球根※3
最終鉢上げ
 マラコイデス
採種 けいとう、ごじか
仮挿し 台木用のいばら寄植一二年草開花中
(アゲラタム F1ブルーハワイ、
ロベリア「トレイリングサファイア」 )
日々草 (メディタレイニアン ポルカドット)
百日草 プチランド混合
千日紅 紅(オレンジフィールド)
Ceratotheca triloba
(スイートアリッサム(2年め)) 
ビランジ中間型
ストック キスミーチェリー
防御終了 ツマグロヒョウモン
中旬 播種 豌豆(要予備ポット播き)、ほうれん草、小蕪

定植 蚕豆、アスパラガス、中晩生たまねぎ、からしな、アビオス

穂木貯蔵
 ぶどう(晩秋〜初冬)

落ち葉集め開始

収穫処分 トマトピーマン類、落花生
(すぐ洗う)
収穫にら、小松菜、春菊、ルッコラ、間引き大根、さつまいも、里芋類、しょうが、アビオス
摘花摘房 ビワ(弱小花房と 先端1/2を。倉方は基部1-2段も切る)

更新剪定・収穫追熟 キウイ香緑系開始
※2・黄肉系

防寒 半耐寒性鉢物をベランダへ
寄植一二年草開花中
 
(アゲラタム F1ブルーハワイ、
ロベリア「トレイリングサファイア」 )
日々草 パシフィカ アプリコット (メディタレイニアン ポルカドット
百日草 プチランド混合
千日紅 紅 (オレンジフィールド)
Ceratotheca triloba
スイートアリッサム「スノークリスタル」 
ビランジ中間型
ストック キスミーチェリー
採種 
るこう草
  剪定 うめ、萩(幹刈り)
下旬 霜除け 春菊から

草木灰散布
 蚕豆、豌豆

下葉かき
 子持ちかんらん

落ち葉集め


収穫処分 
里芋類、
さつまいも(2011.11.30)
定植 落葉果樹

更新剪定・収穫追熟 キウイヘイワード開始、香緑系

干し柿作り 冷蔵保存後、降霜期に干す

寄植一二年草開花中 
スイートアリッサム「スノークリスタル」
ビランジ中間型
ストック キスミーチェリー
ビオラ
ニオイアラセイトウ ベガ Vega
 

*※1 タマネギ定植 すじ間15〜20cm、株間5〜6cm

※2 キウイの追熟 『キウイフルーツ』(三輪正幸著・NHK出版)p.87  キウイ10個:リンゴ(全品種可)1個をポリ袋に入れ、果実が呼吸できるように閉じる。15〜20℃が適温で、黄・赤系6日、緑系12日で追熟が目安。
    この方法で毎年やっています。縦にして上下からつまんでみて、柔らか味を感じるようになったら、取り出し、すぐに食べない分は冷蔵します。

※3 チューリップ球根の向きで葉を整える 
 
平らな面の延長線に沿って葉が伸びる。5球なら5球すべての平ら面を「/////」状に揃える。

栽培の様子・収穫物  192                     Indexへ戻る     有機自給園の目次へ  10月の自給園へ    12月の自給園へ

1 a b c d e f
       
メリクロン苗からの さつまいも べにあずま 00.11.04 同左の1個だけが、表皮がみみず腫れになっています。
『まるごと楽しむサツマイモ』p.73で、皮脈(高温・乾燥による維管束異常)と判明。
トマトChadwickの根 2009年11月7日に抜き取った状況。前年まであったネコブセンチュウ被害が皆無。2010年は被害。 2010年11月3日Chadwick収穫終了時の未熟果実(白くなりかけたもの)を屋内(朝日が入る程度、無暖房)に置く。その経過へ    
             
2













10月下旬以後、葉に生気が少なくなったら、レーキで掘り上げる。 掘り上げて土をふるい落とした株。産地では脱穀機のために乾燥。 熟した莢をすぐにもぐ。未熟莢を株に残し、マルチ資材にする。 郷の香 たわしで洗った後、布で水気を取る。 'おおまさり'の茹で落花生1 株30莢(1粒莢半数込み)。別に種子用2莢。収量少ないが、栗に似た風味。 定植直前の玉ねぎ苗 長さ29cmプランター2台、10年以上の再々利用土で。底穴ふさぎは牛乳パック。残暑が長かった2010年は、4品種9月21日播種。11月5〜6日200本を定植。直径6〜7mmには届かず。
1  半熟・熟莢  殻ごと水から30〜40分(圧力なべなら2分)ゆでる。→渋皮ごと食用。炒った物と違って、いたみやすいので急ぐ。
完熟莢   日光に4日くらい干す→完熟品(殻が真っ白に近い)の一部を殻に収穫年を書いて種子用に保存  →残りを紙袋に収穫年を書いて保管→ロースターに1層に並べ、ガス火で香りとこげ色(未完熟ほど先にこげる)をたよに炒る →蓋を開けて冷まし、蒸気を飛ばす→食用
             
3

















11月月中下旬、弱い霜が降りたら、包丁で茎(本当は葉柄)を切り取る→※1(芋),2(ずいき)            唐の芋の場合を主に
※1(芋)→ショベルで芋を掘り取る→ある程度土を落とす【小芋はなるべくつけておく】→玉葱輸送用袋
に詰める→袋上端が25cmは土を被る穴を軒先などに掘って埋める→袋の紐を地上に出して棒にからめて目印に→ネコトイレにされないように、覆う→
袋ごと取り出ので効率的
   
   
芋を入れる玉葱輸送用ネット袋と軍手(大きさ比較)  商用ポリラベルが袋に貼ってある場合は、ラベルを剥ぎ取る。はずれてしまった小芋は食べる。 軒下に埋め、土を戻して踏圧し、平らにならす。目印棒だけが出ている。畑地の場合は、トタンかダンボールなどで南開き片屋根を。 ネコのトイレにされないように、コンクリート製一尺平板などで覆う。以前は、カラタチの切り枝で覆っていた。 2(ずいき)→赤茎種は茎から葉身を切り捨てる→茎を2〜3切→洗う→包丁で皮をはぐ→日に干す→鋏で5cmに切る→乾燥剤を入れて保存→ゆでる→水に晒してあく抜き→調味料を加えて煮る    
             
4








右は穴から出す状況(2006.12.11 埋めたのは11.24ころ)

唐の芋は、八つ頭や里芋と違って、子がはずれやすい。はずれた子は、腐りやすい。親子芋を2月末までに掘り出す。遅れると親の腐りが進行する。親と、外れていた子芋は食べる。親についていた子芋だけをはずして袋に戻して埋める。大きくて芽がしっかりしているものを、タネイモとして4月中旬に植えつける。
里芋は親を種芋に利用できる。
 
 
目印棒手前の土をショベルでどけると、袋の紐が見えてくる。 芋を傷つけないように注意しながら、ショベルと移植ごてで土をどけ、袋が見えてきたら、引き出す。 袋に入っているので、素早くかつもれなく掘り出せる。土への接触で、茎は分解消滅している。   キウイ・レインボーレッドのしわ 果実底部に。炎暑年に旺盛な枝のにでる感じ。葉の蒸散優先か。
             
5    
同左の主枝(下図で屋根に乗っている部分) 日焼けか
キウイ 香緑 キウイは地上から屋上へ
画面下部、斜め枝は農家のリンゴ
びわ倉方(上)に高接ぎし
長崎早生(下)の初花
柿葉3色 蜂屋(緑)に接いだ甲州(手前 黄)と伊豆(橙)
 04.11.9
   
             
6    
ネキリムシ (カブラヤガ・ネキリガ幼虫)  若茎基部を食い切り、その下端を地中に数ミリ引き込む。多数は発生しない。放置すると、同一個体が次々と付近の苗を切り倒す。周囲半径・深さとも10〜25mmの土を少しずつ掻き出すと見つかる。
地上に出すと丸くなる。ツヤと弾力がある。5月からネギなどの苗を次々倒し、長さ30mmくらいになる。見つからなければ、被害茎葉はどけ、毎日観察して長さ5mm以下で捕えたい。11月中旬〜陽春は、ヨトウムシ(ヨトウガ幼虫)害はない。    
オビトケノコンギク、カスピ海ヨーグルト(Yさん)、ラズベリー・レオン(ニ季採り。タキイによれば、大株では棘なしに。国内生産者が1990年ころ選抜育種と) 05.11.10 ハヤトウリ緑果 05.11.11
タネ用にと目印を結んであったも
のを採果
           
7    
上から 平核無(購入果実)・富有
(水平にカット)・キウイのレインボー
レッド(購入果実)種子が5/8個入
っている富有。これが平均的。黄
色っぽい平核無に対して赤茶色
を帯びている。ゴマはなく、渋み
もない。
蜂屋の干柿 完全に色づいたら、果梗上に丁字に枝を付けて収穫。冷蔵し、霜を待って剥けばカビない。ヘタ下は完全に剥く。画像の影に見えるように竹竿に吊るすと、夜間と雨天時に取り込みやすい。
軟化し始めたのは、干しても落ち勝ちなので、熟柿に。
  エアコン外機すぐ前上のブドウ蔓。夏には送風で葉が揺れる。ブドウ側には害を感じない。外機には負担になるはず。送風機前に、1m足らずの通路を挟んで植えてある草木にも、被害を感じない。 チューリップ植付け@11月に植える。A 腐葉土堆肥だけを下土に混ぜる。B球根外皮は、剥き捨てる。C花茎が付いていた側の下部に外部子球がついているので、分球を減らすため、はずし捨てる。右側3つは、他の3球から外した外子球。D 覆土は15cm位。4月に開花  



Indexへ戻る     有機自給園の目次へ    10月の自給園へ    12月の自給園へ